40代 女性、美容・家事・子供・親・夫婦・健康のこと

HAPPY ITEM

子供のこと

【あさイチ】子供の犯罪|尾木直樹先生「魔法の言葉」

更新日:

Children

2014年11月12日NHK『あさイチ』で、子供の犯罪についての特集でした。

最近、振り込め詐欺に関わったとして、中学3年生の女子生徒が逮捕されたそうですが、振り込め詐欺に関わってしまった10代が急増しているそうです。

関わった本人達は、詐欺に加担しているという感覚のないままに犯罪に手を染めているということですが・・・

『あさイチ』では、実際に犯罪に加担してしまった少年少女の話から、思いとどまり更生したという少年少女の話まで紹介していました。

そして、尾木ママの魔法の言葉がよかったな。

スポンサーリンク

子供が非行に走る原因

『あさイチ』では、実際に振り込め詐欺に加担してしまった少年にインタビュー。

・地元の先輩に誘われ、実家の住所や個人情報を教えていたため詐欺グループだとわかっていても抜けられなかった。

ということで、詐欺グループは子どもたちを取り込むためにいろいろと情報をつかむようです。

また、実際に詐欺をやっていたという方からもインタビューしていました。

・少年を使う理由はとかげのしっぽのように、さっと切り離せるから。

なんだそうです。

詐欺をする人たちからすると、少年たちの将来のことなんてどうでもいいですからね~(-_-;)

また、子供が振り込め詐欺をして捕まってしまったという母親へも取材していました。

この母親の少年は、父親が高校を勝手に決めてしまったことがきっかけで非行に走ったと考えていました。

でもそこに至るまでの経緯にも子供からするとくすぶるものがあったのかもしれません(これは子供にしかわからない)

子供が非行に至る背景・影響

ここで、子供が非行に走る影響や背景を紹介していました。

・貧困

・いじめ

・親の不仲

・勉強の挫折

・部活動の挫折

・友達の影響

・虐待

・親の期待

<NPO法人 非行克服支援センター調査研究より>

今回、専門家ゲストとして出演なさっていた中村すえこさんは、親の不仲(放任されていたそうです)が関係しているかなぁと言っていました。

中村すえこさんのブログ⇒http://ameblo.jp/sueko-n/

ですが、要因となる背景はひとつではなく、複数が原因となって非行に走る子が多いようです。

立ち直るきっかけや言葉|尾木ママ「魔法の言葉」

友達が犯罪に加担して捕まったなど、ギリギリのところにいた子供達にもインタビューしていました。

彼らがギリギリのところで踏みとどまれたのは、彼女や親の言葉、自分の夢などで犯罪には手を染めるまではいかなかったとのこと。

第三者の言葉でも心に響くことはあるそうです。

中村すえこさんは、母親の言葉も心に響いたけど、家庭裁判所の調査員からの「あなたなら社会に出てもやっていける」という言葉がとてもうれしかったそうです。

「自分のことを信頼してくれている」という思いが更生へ導いてくれたそうです。

尾木直樹先生が教える魔法の言葉

何か子供がやらかしたときや気持ちが落ち込んでいるようなとき

「どうしたの?」

と、優しく問いかけるように子供に話しかけるのがいいそうです。

子供は話を聞いてくれる人についていくそうです。

そして、問いかけてすぐに話を始めなくても2時間はじっくりと話を聞いてあげてくださいとのこと。

この2時間で子どもたちは心を開いていくそうです。

また、話を聞いたあと「共感」することも忘れずに。

すぐに「だからダメでしょ」など、否定してしまうと心を閉じてしまうので、共感して初めて心を開くそうです。

「どうした!?」

と、口調を強くして言うと子供たちの思いを伝える選択肢が狭くなってしまうので、責めるような口調で話しかけるのは絶対にやめてほしいとのことでした。

子供が非行に陥ってしまったときの親の駆け込み寺

・NPO法人非行克服支援センター

HP http://members3.jcom.home.ne.jp/scojd/

電話:03-5348-6996

平日午前10時~午後7時(相談は有料です)

子供の非行を経験した30人ほどの親御さんから貴重なお話が聞け、経験からくるアドバイスももらえるそうです。

 

<公的な相談窓口>

・児童相談所

・警察の少年相談窓口

・少年鑑別所

意外なようですが、警察や少年鑑別所では専門家の方がいて、相談に乗ってくれるそうですよ。

【あさイチ】子供の犯罪|尾木直樹先生「魔法の言葉」まとめ

むつかしい問題ですよね~。

尾木先生が言うのは、子供との接し方だといっていました。

時間の長さではなく質の問題で、10分間でも子供の話をじっくり聞く、会話するという時間を持ってほしいとのことでした。

考えてみると、10分間も子供と会話するというのも大きくなってくるとなかなかできないですよね。

あえて、一対一で対等に会話するというのをやってみるといいかもしれないです(^o^)

 合わせて読みたい♪ 

殿堂入
【あさイチ】子供のやる気を引き出す方法|やる気スイッチをONにする方法

2014年5月27日のNHK「あさイチ」のスゴ技Qは「子供のやる気スイッチをONにする方法」でした。 私にも小学生と中学生の子供がいますが、確かに宿題をウダウダやる・・・ 勉強や宿題もそうですが、スポ ...

続きを見る

355view
【助けて!きわめびと】子供の意識を勉強に向けさせる極意

2016年11月12日の『助けて!きわめびと』では、「ゲームに夢中になっている子供を他のことにも向かわせたい」というお悩みを解決するというものでした。 ゲームって面白いから、子供はついつい夢中になって ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ティラ

ティラ

すごく面倒臭がりの40代主婦。面倒臭がりでもキレイにはなりたい!そんな私が、手を抜きながらもキレイになれる方法を紹介してたり、実際に使った商品をレビューしています♪

-子供のこと
-,

Copyright© HAPPY ITEM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.