40代 女性、美容・家事・子供・親・夫婦・健康のこと

HAPPY ITEM

子供のこと

【身長を伸ばす方法】中学生の男の子は11歳~16歳の筋肉で決まる

更新日:

中学生

今通っている整骨院の先生が、身長を伸ばすためには筋肉の状態も大事だよ~って教えてもらいました。

柔道整復師の先生から見た身長を伸ばす方法は、栄養面だけじゃなくて、体の状態と日頃のケアも大事なんだなぁと実感させられましたよ~(;'∀')

特に11歳~16歳の間に体の筋肉を弛め、関節の間を広げながら、関節周りの筋肉をしなやかにしないといけないとか。

それを聞いて、さらに詳しく成長期に必要な筋肉のつけ方などを調べてみました(^o^)

元プロスポーツ選手推薦の成長補助飲料

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

アルギニン5,000mgが毎日摂取できる

・成長に必要なアルギニンが1日推奨量の5,000mg摂取できる
・元プロスポーツ選手&管理栄養士も推薦
毎月50%オフのキャンペーン中!(毎月300名限定)
60日間の全額返金保証!(全部飲み切ってもOK)
1日326円で栄養を補助しながら成長も助けてくれる!

お子様の成長に悩みをもっていませんか?
遺伝は25%影響しますが、残りの75%は普段の生活習慣で決まります。
ドクターセノビルで残り75%の食事や栄養の部分をばっちりサポートしましょう(≧▽≦)

身長を伸ばす方法として大事なのは身長の伸びを妨げさせないこと

Bone

身長を伸ばすには、まずは骨が伸びないと身長は伸びません。

そこで、骨が伸びようとしているのに、周りの筋肉が凝り固まってしまっていては、骨の成長を妨げてしまうそうです。

では、筋肉が凝り固まっている状態とは?

小学生の頃から筋肉ムキムキ

小学生から中学生にかけて、筋肉量が多いと身長が伸びないという話はよく聞きますよね。

ある程度の筋力トレーニングは、成長ホルモンが刺激を受けて身長を伸ばす方法としては適切のようですが、過度に筋肉に負担をかけてしまうと、筋肉が張って凝り固まってしまうとか。

小学生のころから、大人のような筋肉のつき方をしていると、筋肉が骨の成長を止めてしまうそうです。

筋肉量が多いと全体的に体が重くなりますので、身長が伸びなくなってしまうそうです。

なぜ体が重いと身長が伸びないのか

体が重いと身長が伸びない理由としては、椎間板に大きな負担をかけてしまっているからです。

朝起きて身長を測るときと、夜眠る前に身長を測るときでは身長差がありますよね?

それは、椎間板に重力がかかっているからなのです。

長時間立っているなど椎間板に重力をかけていると、朝と夜の身長差が大きくなります。

通常の生活でも椎間板に重力をかけているのに、体が重いとその重力も大きくなりますので、椎間板への負担はかなりのものとなります。

小学生と中学生の筋力トレーニングはほどほどが一番のようですよ(^o^)

また、高校生でもあまり筋力トレーニングは過度にしない方がよいという説もあるようです。

力んだ練習やトレーニングは禁物

子供の頃は、力を抜く(リラックスする)という事が意識的にできません。

柔道整復師の先生が言うのは、力を抜くという行為は大人でも完全には出来ないそうです。

特に子供は、意識しても力を抜くという事ができないとか。

そうなると、練習やトレーニングをしているときは力んでいるという事が多いそうです。

練習やトレーニング中に力を使うとき、息を止めてやっていたり、呼吸が浅いと力んでいるということ。

その状態で練習やトレーニングを長く行っていると、長時間力んでいるということ。

そうなると、体全体がうまく使えなくなり、怪我や故障の原因となります。

練習やトレーニングの合間に、深呼吸などを取り入れるとよいそうですよ(^o^)

また、小学生や中学生のうちは、過度のトレーニングや練習は控えた方がよさそうです。

ちなみに、力んだトレーニングや練習をしていると太腿の前側「大腿四頭筋」を過剰に使うそうです。

そのため、太腿が太くなりやすいとか。

小学生のときから太腿が太いと、力んでいる状態で練習やトレーニングをしているという事になりますので、足が遅くなるなど体の動きが重くなるそうです。

身長を伸ばすためには成長期が遅い方が良い

Height

成長期の時期は、各個人異なると思いますが、成長期が遅い方が身長が伸びやすいらしいです。

成長期とは、身長が高いとかそういうことではなく、心身の成熟度合ということ。

家庭環境にストレスが多かったり、がみがみ言われることが多いなど、子供に過剰な精神的ストレスを与えていると、早く自立しようとして体がはやく成熟していくそうです。

精神的ストレスのせいで、本来の成長期より、早い成長期が来ると、伸びるはずの身長が伸びなくなるということになるそうですよ。

ここまで、身長を伸ばすことを妨げる方法をいうのを紹介していきましたが、では、やってしまっていたらどうしたらいいのか?

トレーニングや練習で凝り固まった筋肉はマッサージで弛める

身長を伸ばす方法として、ある程度の運動は必要不可欠です。

より身長を伸ばすために、運動により成長ホルモンを出して骨に刺激を与えるということは有効。

ですが、そのあとのケアも大事です。

運動やトレーニングをやると、どうしても筋肉が張った状態となります。

その状態でまた運動をすると、筋肉が凝り固まってしまうので、張った筋肉はしっかりと弛めるようにしましょう。

鉄棒などにぶら下がる

鉄棒などにぶら下がって、深呼吸をするのが効果的なんだそうです。

練習終了後に、学校や公園の鉄棒に20秒ほどぶらさがるだけでも良いそうですよ(^o^)

家でやる場合は、ぶら下がり健康器!(なつかしいw)

懸垂はしなくていいので、普段からぶら下がって深呼吸をするといいかもしれないですね♪

関節周りが重要

関節周りの筋肉が凝り固まっていると身長が伸びるのに影響するそうです。

ストレッチなどで筋肉をほぐして、関節周りの凝りもとると良いそうです。

練習後にストレッチをするという理由はここからきているのかもしれないですね(^o^)

子供達、理由もわからずにストレッチしているから、適当かも・・・

ストレッチをやる理由が理解出来ていたら、きちんとやるかもですね。

そうなると、子供の頃からの怪我や故障も少なくなるような気がします。

【身長を伸ばす方法】中学生の男の子は11歳~16歳の筋肉で決まる|まとめ

たまたま、別の理由で整骨院に通うことで、今回の話を聞くことが出来ました。

通うことがなかったら、知らずに身長をストップさせていたかも(;'∀')

実はすでに怪我をしていた私の息子。

これからのためにも、ちゃんとしたケアをしていきながら練習やトレーニングをやっていこうと勉強になりました(^o^)

元プロスポーツ選手推薦の成長補助飲料

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

アルギニン5,000mgが毎日摂取できる

・成長に必要なアルギニンが1日推奨量の5,000mg摂取できる
・元プロスポーツ選手&管理栄養士も推薦
毎月50%オフのキャンペーン中!(毎月300名限定)
60日間の全額返金保証!(全部飲み切ってもOK)
1日326円で栄養を補助しながら成長も助けてくれる!

お子様の成長に悩みをもっていませんか?
遺伝は25%影響しますが、残りの75%は普段の生活習慣で決まります。
ドクターセノビルで残り75%の食事や栄養の部分をばっちりサポートしましょう(≧▽≦)

  • この記事を書いた人
ティラ

ティラ

すごく面倒臭がりの40代主婦。面倒臭がりでもキレイにはなりたい!そんな私が、手を抜きながらもキレイになれる方法を紹介してたり、実際に使った商品をレビューしています♪

-子供のこと
-,

Copyright© HAPPY ITEM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.